Tech Blog

ソーキテクノロジーブログ

建築・土木現場での3D測量・レーザースキャナー活用

3Dレーザースキャナー

建築業界全体で3Dデータの活用が進んでいます

i-Construction(アイ・コンストラクション)の普及により、土木・建築現場における測量や計測の3Dデータ化が進んでいます。i-Constructionとは国土交通省が推進する取り組みです。「ICT」を建築現場に取り入れ、建築業全体の生産性の向上を目的としています。

3D測量のメリットは業務効率UP・課題の可視化

3次元データにするメリット

1. 作業時間が大幅に短縮される
2. 対象物に触れずに測定が出来る
3. 計り漏れなどの人為的ミスを減らせる
4. 図面と現況の違いを抽出できる

3D測量が活用できるシーン・現場

プラント設備

配管など複雑な箇所も、3次元計測技術によって細部まで解析・図面化が可能です。

建築

図面のない建築物や図面と現況が異なる場合でも、点群データをトレースすることで平面図を取得できます。

橋梁・トンネル・道路

道路舗装面路を測定し、道路やトンネルのメンテナンス管理をサポートします。

森林調査・地形調査

幹の長さや間伐量、土壌体積などを計測することで、森林調査や農業にも貢献できます。

日本全国対応!計測のことならまずご相談ください